読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラムだったりパーカッションだったり・・・「叩いて叩かせて」塩津知広のブログ 長野市

いろいろな楽器を使ってみなさまの日々の幸せをチョットだけアップするお手伝いをさせていただいてます。長野市をはじめいろんなとこで演奏したりレッスンしたりイベントてつだったり・・・ご依頼はお気軽に♪

ドラムセットを運ぶとき・・・

ドラムセット Nagano Gospel Praise

手伝ってもらうことが多いです。
とくにゴスペルの時はみんな率先して運んでくれます。
もう周りに感謝感謝<(_ _)>

ドラムセットは、タイコ1コずつにバラシてケースに入れます。
そして、シンバルは重ねて1つのケースにまとめます。スタンド類もたたんで1つのケースに束ねます。

このシンバル数枚とスタンド類が、曲者です!
重い!デカい!運びにくい!
運んでくれる方に、申し訳ないキモチでいっぱいになります(+_+)

 

そこで、昨年後半より工夫を凝らしました。
それらが、とても好評なのでここで紹介します。

◆シンバルはタイコに同梱
~14インチまでのシンバルは『14"フロアタム』のケースに、それより大きいサイズのシンバルは『20"ベースドラム』のケースに、タイコ本体といっしょに入れてます。もちろん、それぞれが擦れあわないようにタオルで包んでます。ケースそれぞれの重さは増しますが元々が重いのでそれほどでも。「重くてデカい(シンバルの)ケースが1つ減った」メリットの方が大きいです。

◆スタンド類はいくつか(のケース)に分けて
1つにまとめると超重量の鉄骨集団となるスタンド類は、重さを分散させます。ハードケースはそれだけで重くてデカいので必要なし。肉厚のソフトケースが最適です。ボクは Protection Racket コンパクトハードウェア 5030CZ 30" X 5.5" LPTRHW と Pearl パール スタンドソフトケース PSC-HBC を使ってます。おススメ。

◆スタンド類は細めでOK
ボクもどっちかっつーと『ハードヒッター』だと思います。シンバルスタンドにも「叩いた衝撃で倒れない」安定感を求めますが「極太堅牢さバッチリ」でなくとも大丈夫。なんと昨年来シンバルスタンド全部を「フラットベースタイプ」にしてしまいました。こんなヤツです。

18"クラッシュでガンガン叩いてもOKです。 さすがにライドはもちょい太めですが同タイプ。こうしてスタンド個々を軽くして、運ぶ際の軽量化が叶いました。エエよ。